kinocotakenoco

遷ろいゆく関心事を書き留めていく

街で見かけるものに関してマニアな人々のディープな世界

前回は食べ物に関してマニアな人々をご紹介しましたが、今回は看板、坂道、エスカレーターなど、街で見かけるものがとても好き、という方々のディープな世界を垣間見たいと思います。

f:id:kinocotakenoco:20130417160515j:plain

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

 

団地マニア の 大山顕 さん

住宅都市整理公団

団地業界界隈(?)に限らず、非常に有名な大山さん。紹介されている団地はレーダーチャートで分析されており、6つの指標で団地の特性が示されています。この指標が面白く、「連続性」、「階数」、「交通」といった指標に加え、「ダンディ」(ダンディズムがどの程度あるか)、「コーヒー」(見ている者の心理状態を示すらしい)、「荒廃度」(曰く、『落書きや人んち臭の度合い』らしい)という新しすぎる独自指標で分析しています。

団地の見究

団地の見究

 

エスカレーターマニア の 田村美葉 さん

東京エスカレーターMANIAX

サイト紹介文には「たぶん日本で唯一くらいのエスカレーター専門サイト」と謳っておられますが、このマニアっぷりはたぶんどころか間違いなく唯一無二のエスカレーター専門サイトだと思われます。写真の撮り方がとても上手で、エスカレーターの様式美にどっぷり浸ることができます。様々な建物のエスカレーターを眺めていると、普段ほぼ毎日乗っているエスカレーターが違って見えてくるかもしれません。

東京エスカレーターガール(電子文庫版)

東京エスカレーターガール(電子文庫版)

 

琺瑯看板マニア の つちのこ さん & あんもん さん

琺瑯看板探検隊が行く(ホーロー看板)

ただの看板ではなく、琺瑯看板を専門に探訪されていらっしゃいます。サイトを見ているだけで昭和の懐かしい雰囲気が漂ってきそうなくらい、レトロな良い空気感のある世界です。中でも読み応えのあるコンテンツは、ただ琺瑯看板を紹介するだけでなく、うんちく話が加えられた「琺瑯看板考現学」。このコンテンツだけでも立派な本になりそうな感じがしますが、残念ながらまだ書籍化はされていないようです。

 

坂道マニア の 雲本らて さん

東京坂道さんぽ

ブログは2005年からのスタートですが、「坂道さんぽ」は2000年ごろから始められているようですので、坂道さんぽ歴は10年以上になる雲本さん。一般人の感覚からすると、まず、かなり小さな坂道にも「○○坂」という名前が付けられていることに驚かされます。坂道の名前を一覧で眺めているだけでも楽しめます。また、坂道の様子を写真で紹介されているだけでなく、坂道の周辺環境や建物についても観察記が綴られています。

 

丸ポストマニア の 庄司巧 さん

庄司巧の丸いポストのある風景

こちらも目の付け所がステキな「丸ポスト」のマニア、庄司さんのブログ。郵便ポストは郵便ポストでも、昔ながらの丸ポストに限定されており、やはりレトロな情感たっぷりな風景が楽しめます。丸ポストと一緒に写る建物との一体感は、現代的な郵便ポストでは醸し出せないものですね。

 

 

 *** あとがき ***

何気なく見ている街にあるものをここまで徹底的に追い続けられる情熱はすごいですね。自分もやってみよう、という気にはなりませんが、マニアな方々の活動を見ていると、普段何気なく見ている風景が違って見えてくるので不思議です。